キャッシングを申し込む際の審査内容について

キャッシングの申し込みを行うと必ず審査が行われます。これは金融機関としては申込者に返済をして貰う必要があるので、返済能力があるのか見極めなければならないのです。

審査時に重要となる項目には「自宅情報」と「勤務先情報」の2種類が存在します。

自宅情報には住所・電話番号・住所種類・居住年数・住居負担額・家族人数といった項目があり、自己所有の持ち家や家族所有だと評価が高くなります。また、自己所有の持ち家でも住宅ローンを抱えていると評価が低くなると思われがちですが、一定の信用や収入がないと住宅ローンの審査に通ることが難しいので、住宅ローンがあるということは一定以上の信用があるということになるのです。

そして勤務先情報には会社名と所属部署・勤務先住所・勤務先電話番号・雇用形態・勤続年数・年収といった項目があり、勤め先が公務員や大手企業であれば有利になります。また、雇用形態に関しては非正規雇用であるアルバイトや契約社員・派遣社員よりも正社員の方が有利となり、勤続年数に関しては1年未満だと不利になりますが、概ね長ければ長いほど審査に通りやすくなります。

これらの項目に関しては嘘をついて申し込むことが出来ますが、会社の健康保険証の提出を求められるとバレてしまうことなので止めた方が良いでしょう。

キャッシングの審査時間を短縮させるには

審査を短くするには金融会社に信頼される必要があるので、自身が適切に働けていることを示す書類を用意しましょう。
例えば希望限度額を50万に設定した時は、書類を何も出さないと審査が長引く恐れがあります。
ですが、毎年200万ほど稼いでいることを立証する収入証明書を提示すれば、機械が問題ないと判断し審査が速やかに終わります。
恐らくですが、審査にかかる時間は30分程度で済む可能性が高いです。50万くらいなら半年ほどで支払えると、機械が察知したのが理由です。

希望限度額を低めに設定するほどキャッシングの審査時間は短くなります。
最も早いのが希望額を20万から10万円付近にした場合で、人によっては10秒もかからずに審査が終わることもあります。このくらいの金額なら借りたとしても1ヶ月で支払えるからです。
限度額は最初の手続きで高くすることもできますが、時間が経てば自然と上がるので、わざと低くしておくのも悪くないです。

金融会社に保証人や担保の存在を教えるという方法もあります。例えば300万円借りる目的で手続きをすると、金融会社側が不安に感じるため審査がすぐには終わらないです。
この時は所有する土地を担保として出せると教えたり、家族が保証人になってくれると伝えたりすれば、審査時間は一気に短縮されます。

キャッシングで一番大切なことは、返済期限を守ること。

キャッシングするにあたって、それをするかしないかばかりに気を取られている方がいます。もちろんそれを悩むことは普通のことですし、キャッシングを利用せずに現状を乗り越えられるのであれば、それに越したことはありません。でも、悩んでいても変わらないことがはっきりしている現状があるのであれば、まずはキャッシングでお金を融通し、現状を乗り越えることを考えるべきです。

実のところ、キャッシングをするにあたって、一番大切なことは、それをするかしないかではありません。返済期限をきちんと守ることの方が大切です。なぜなら、キャッシングは、確実に私たちの窮状を救ってくれるものだからです。返済期限を守らずに、その手段を安易に失うことがあってはいけません。だから、何はともあれ返済期限を守ること、守れるかどうかを考えましょう。

郵送物でバレたくないならカードレスの振込キャッシング

キャッシングの利用者によっては他人にどうしてもキャッシングをしていることを知られたくないため、審査に通ったとしてもカードなどの郵送物が送られてくることを警戒してしまう人もいます。

どうしてもカードが送られてくることが嫌な場合にはカードレスのサービスを利用することで郵送物なしでキャッシングを利用することも可能です。

消費者金融を中心に、カードを使わずにキャッシングをする方法として「振込キャッシング」と呼ばれる仕組みが用意されており、スマホやパソコンから申し込みを行なうことで指定の口座にキャッシングしたお金が振り込まれるようになっています。

振込キャッシングは申し込み時間や日によって実際に振り込まれるまでに時間がかかる場合があるものの、手数料がかからないところも多いため、お得なキャッシング方法として広まりつつあります。

大手消費者金融の「プロミス」では特定の銀行口座を指定することで曜日や時間にかかわらずいつでも振込キャッシングを利用することが可能なサービスも行っておりキャッシングが非常に便利になりました。

返済も同じようにスマホやパソコンから行なうことができるため、キャッシュカードを使わなくてもキャッシングを利用することは可能なのです。

キャッシングをしたい主婦の借り入れ限度額は?

働いている主婦の場合、収入に応じて借入限度額が異なります。上限は年収の1/3ですので、パートで月数万円しか稼いでいないのならそれほど高額の借入はできません。収入から返済することが前提ですので、月5万円程度のパート代なら年収は60万円ですので上限は20万円になります。借りる時には良いですが、返済のことも考えればあまり高額を借りてしまっては返済が大変になってしまいます。そう考えれば十分な額と言えるでしょう。

専業主婦のように無収入の主婦でも、一部の銀行カードローンなどはキャッシングを利用することができます。これは妻が無収入でも夫の支払い能力から借りることができるためです。ただどの業者でも専業主婦が借りられるわけではありませんし、夫の収入で生活をしているのならのちのちのトラブルを避けるためには夫にまず相談することが大切ですね。

専業主婦が借りる場合には、夫の同意が不要で借りることが出来てしまいます。夫の収入で暮らせているイコール返済能力があるとみなされるわけですね。ですがその分、限度額の上限はあらかじめ決まっています。夫が高収入であったとしても、通常は30万円から50万円程度までしかキャッシングを利用することはできないと業者それぞれに定められています。

口座開設タイプの銀行カードローンでは一時的に現金が必要!

銀行カードローンには、申し込みの際に口座開設が必要なものも少なくはありません。

口座開設自体は、手数料がかかるものではありません。しかしながら、借り入れを急いでいでいる時に痛い出費も生じてしまいます。

銀行口座の開設は1円以上で可能なもの、開設時に1000円以上の入金を指示されることが多くなっています。

これは、ATMでの出金が1000円以上からとなっているのが影響しています。

結果的に手持ちの現金が無いときには口座開設にも苦労してしまいます。

そのため、口座開設タイプのカードローンを契約する場合は、手元に現金があるうちに申し込むことがポイントになります。

また、すぐに出金せず、返済に当てる分として割り切るのもおすすめです。

在籍確認連絡が無いキャッシングの申込み

キャッシングを行う時には、申込みを行ってから審査時に必要な書類を提示する必要があり、在籍確認連絡が無いキャッシング審査もありますから、条件に沿った書類を準備すれば円滑に進めていけます。

キャッシング審査申込みでは身分証明書は必須であり、どこの人か解らないと金融業者もお金を貸す事が出来ないものです。

この提出した資料に嘘偽りが無いか在籍確認連絡の電話が来る事は一般的であり、勤務先に在籍しているのか確認する業者が多いですが、この確認連絡が来ないようにする方法もあります。

その為には資料提示が必要であり、申込み時には在籍確認無しで受け付けてくれる業者を選び、さらに必要な資料は勤務先が記載された保険証の提出や、勤務先から受け取った最近二ヶ月以内の給料明細が有効です。

利息の安いキャッシング

キャッシングの利息はどこの会社も同じと思っている方は、特にキャッシングを使い始めたばかりの方に多いようです。

実は、会社によって利息の年率はバラバラです。もちろん一番多い利息の年率は18%なので、これがスタンダードのように感じるかもしれませんが、

10%代の前半だったり、一桁の割合だったりと、結構会社によってお得度が変わってきますので、会社を選ぶときには考えた方が良いでしょう。

しかしながら、年率が低くなると、逆に審査が厳しくなります。ですから、収入がそこそこあって審査に落ちる可能性がないという場合には、一桁台の利息のところをせめても良いかもしれません。

やはり仕事をしていて、給料の額が高いというのは大きなアドバンテージです。

即日融資してもらえる消費者金融について

給料日まであと数日なのにどうしてもお金が足りないということがあります。

そんな時に、即日融資してもらえる消費者金融に申し込めば申し込んでその日のうちに融資を受けることが可能です。

消費者金融の即日融資は数日後でなく、今必要というケースにぴったりの方法と言えます。

消費者金融で融資を受けるのは何となく不安と考えている方は、大手銀行系の融資を利用してみてはいかがでしょうか。

大手金融機関系の消費者金融で即日融資を行っているところは多いですし、わずらわしい手続きなしにお金を借りることができますので、初めての方にもお勧めです。

審査が通るか不安な方には、まずはネットで簡単な審査を受けてお金を借りられるかどうかがわかるシステムを利用するのが良いでしょう。