新生銀行レイクのカードローンの基本情報

新生銀行カードローンレイクは、一昔前であれば、大手消費者金融としてキャッシングサービスの提供をしていましたが、現在では新生銀行グループのカードローン提供金融機関として、銀行系カードローンサービスを行っています。銀行カードローンということで、総量規制対象外となっていますし、スマートフォンを利用した来店不要での即日キャッシングや2種類の無利息期間が用意されていてお得に借り入れができるなど、同カードローンには数々のメリットがあります。

まず新生銀行カードローンレイクの基本情報ですが、金利は年4.5%~18.0%となっていて融資可能な金額は1万円~500万円となっています。なお満20歳以上70歳以下で継続的な安定収入があることが申込の要件となっており、この要件を満たしていれば学生や主婦でも申し込みが可能となっています。

なお申込の際には収入証明書類(源泉徴収票や確定申告書)と本人確認書類(運転免許証や健康保険証)が必要となりますが、収入証明書類については申込時の利用極度額に応じて不要なことがあります。

無利息期間が付いているカードローンは利用規約に注意しましょう

カードローンの中には、キャンペーンとして無利息期間を設けている貸金業者があります。消費者金融から始まったキャンペーンですが、新生銀行のレイクのように銀行カードローンへ切り替わった後に積極的な施策として無利息期間を設けている貸金業者も出ています。無利息期間を設けることは、広告効果が高いと考えられているのですが、利用規約をよく確認しなければ、落とし穴が無いとも限りません。

初回申し込み時限定で無利息期間を設ける貸金業者が多いものの、同じ30日の無利息期間であっても起算日が異なるので注意が必要です。審査に通過した翌日から30日間無利息としている貸金業者がある一方で、実際に借入を行った日から30日間としている貸金業者もあり、いつ借入を行いたいかによって金利が同じでも利息に差が出ます。

また、レイクのように無利息キャンペーンを選択式としているケースもあるので、借入を行いたい金額と返済期間から支払う総利息が最も少ない借入先を選ぶ必要があるでしょう。レイクでは、30日間の無利息か借入額のうち5万円の範囲内についてのみ180日間の無利息としているキャンペーンを行っており、金額や期間は変更の可能性があるものの、無利息期間を選べる選択肢を提供したことは画期的です。

キャッシングの審査を見ることについて

キャッシングとはまずお金を借りることができるサービスであるといえます。これは実に有難いサービスといえることになるでしょう。しかし、常に確実に貸してくれるわけではない、ということになります。つまりは、審査をされて、ということになります。

その審査の内容を見ることが重要になります。どのくらいの稼ぎがあるのか、ということがまずは審査されることになります。そうすれば返済能力があるのかどうかを業者は知ることができるからです。もう一つはなんといってもほかからの借り入れ状況になります。

ちなみに少しくらいあろうと別にそこまで問題になることではないです。重要なのは総量規制を超えていないのか、ということになります。それによって、そもそも法律的に貸してもよいのかどうかを確認しないといけないからです。これは銀行では関係がないことになりますが、消費者金融には必須になります。

これがとても大事になりますから、まずは審査をしてもらうときに確認しておくとよいでしょう。そもそも貸せない人、というのがいたりするのです。消費者金融というのは、そうした貸付に関する制限がありますから、これはよくよく知っておいたほうがよいでしょう。

もしもの時の備えとしてのキャッシング

消費者金融のキャッシングを利用してお金を借りるには審査に通る必要があります。一般的に消費者金融系キャッシングの審査は銀行のカードローンと比べて通りやすいと言われていますが、それは安定した収入のある方に限っての話です。不安定な収入だと判断されたり、他の金融機関からの借入が多い場合など正規雇用で働いている方でも返済能力が低いと評価され、審査に通らないこともあります。逆のことを言えば、非正規雇用の方でも真面目に働き勤続年数も長く毎月安定した収入があり返済能力があると評価されさえすれば審査に通るです。

金融機関からの融資と聞くと住宅購費用ですとか、自動車購入費用など大きな金額を借りることを連想する方も多いと思いますが、消費者金融系のキャッシングでは生活費の足しとして数万円という少額のお金を借りている方が多いようです。消費者金融のキャッシングで借りたお金には、住宅ローンや自動車ローンなど借りたお金の使用目的が制限されるともありません。使用目的に制限がないのも消費者金融系キャッシングの大きな魅力のひとつだといえます。消費者金融のキャッシングは審査にかかる時間も短いので、お金のもしものときの借入先候補として挙げておくと良いでしょう。

家族や知人にバレずにキャッシングを利用する

家族や知人に知られずにキャッシングを利用したいと考えている方も多いのではないでしょうか。確かにお金を借りているところを誰かに見られたり知られるのはあまり良い気がしないかもしれません。どうしたら誰にもバレずにキャッシングを利用することができるのか考えていきましょう。誰かに見られる心配がある店舗や自動契約機での申し込みは極力避けたいと考えている方も多いのではないでしょうか。即日融資などを考えると、店舗や自動契約機の方が速い場合もありますが、利用することに抵抗がある方もいるのではないでしょうか。

そのような場合にお勧めの申し込み方法としては、インターネットや電話で申し込みを行う方法があります。消費者金融の公式ホームページなどをチェックすると、新規申し込み等もその場で行うことが可能です。まずは事前確認事項や、同意事項などをしっかりと確認した上で、申し込みをするようにしましょう。申し込みフォームに様々な個人情報を入力していくことになりますが、名前や生年月日、性別、電話番号やメール等の連絡先、住居情報、勤務情報など、入力していくことになります。非常に多い個人情報を入力することになりますが、審査に必要になる情報なので、正確な情報をしっかりと入力するようにしましょう。申し込みは誰にも見られない方法を選ぶことによって、借り入れ等は銀行等のATMを利用すると良いでしょう。

キャッシングの返済方法は一律ではない

クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りると、翌月一括返済となるので金利負担は日割り計算されて少なく済みます。消費者金融からのキャッシングで採用されている返済方法には、リボルビング払い方式を採用している所が多いので、返済計画をしっかり立てないと利息分の支払額が大きくなりがちです。

残高スライドリボルビング方式では、毎月の借入残高に応じた最小限の支払いで済む代わりに、返済額のうち元金に占める割合が少ないので、いつまでも返済が追わない状況が続きやすい問題があります。元金均等払いであれば、借入残高を均等に支払って行けるので、最初のうちは利息分が多くなるので支払いが大変ですが、新たな借入を行わない限り元金が確実に減って行くので支払い回数が伸びることが無く、最短で返済が終わります。

元利均等返済を行なうキャッシングも一部ではありますが、一般的なショッピングの分割払いと同様に毎月の支払いは一定となる代わりに利息分が元金均等返済よりも増えてしまうので、支払い回数よりも支払額を一定額としたい場合に限られます。キャッシングを行なう際に、リボルビング払いしか選べない場合には、毎月一定額の元金を確実に返済出来るように最小支払額よりも一定額多く返済を続けることが望ましいです。

学生のキャッシング枠はいくらか

大学生などがキャッシングを利用する際は、必ず知る必要があることは「学生のキャッシングは枠が小さい」ということです。学生だと基本的には50万円以下となります。

金融機関よりお金を借金することになりますので、社会人として働いていない学生が特段の条件なく限度額なしにお金を借りれることは残念ながらありません。

金融機関の審査を受け、一人ひとりのキャッシングの枠を決められるのですが、どの金融機関も「学生の場合は50万円以下」が基本的なルールとなっています。その理由としては、学生は働いていたとしても多くがアルバイトという勤務になり収入はさほど多くないと考えられ、あまり大きな額を借りても返すことができないと判断されているためです。

「50万円借り入れできたら十分だ!」という、学生もいるかもしれませんが、キャッシングの枠は返済能力により判断されため、学生であっても50万円まで借り入れできないケースも多くあります。