消費者金融の申し込みで気をつけるポイント解説

消費者金融というのは貸金業者になります。そんなことは当たり前ではないか、と思うかもしれませんが実は銀行などは貸金業というわけではないです。

このあたりが微妙に難しくしています。消費者金融で申し込む場合、総量規制という規制が課せられるようになりました。銀行は対象外です。これは年収の三分の一以上の貸付を禁止する規制であり、消費者金融の審査のときに大きく影響するようになりました。

言い方を変えますと年収の三分の一、ということはそもそも収入がない人には貸せない、となってしまったからです。この点が消費者金融業界に激震を与えた理由になっています。但し、そこまで心配することはなく、パートでもよいですから収入が借りることができる可能性は高いです。

消費者金融というのは、貸すことがまずは大きな仕事であるわけですから、意外としっかりと収入があれば申し込み出来るのです。

審査をしてもらう時にこちらからも情報を提供するわけですが、このときにはしっかりと本当のことを申告しましょう。

こっそり申し込んで助かりました!

事情があって急遽、融資が必要になったのですが、家族や彼女には相談できるわけもなく、とても悩んでおりました。

しかも彼女が「借金」と聞いただけでとても嫌がるような人なので、融資を受けるにしてもバレたら終わりと思っていたんです。

ですが、最近の消費者金融や銀行ローンって、WEB申込から融資までがホントに簡単になっているようで、手続さえ順調に進めば大した電話連絡も無しに即日融資も可能だと知ったのです。

たまたま、みずほ銀行の普通口座を持っていて、みずほ銀行の場合、普通口座のキャッシュカードがそのままローンカードになるみたいなので、すぐに申し込みました。

金額が低かったせいもあってか、その日のうちにちょっとした確認で電話連絡がきたあとに、審査承認がおりて、即日融資という結果になったので誰にも知られることなく任務遂行しました(笑)

今は完済してますが、みずほ銀行は銀行系のカードローンでは金利も低い方ですし、そもそも銀行系ローンは総量規制の対象外なのでいざという時のために、申し込みしておいた方がいいかもしれないと思います。

自動契約機でキャッシング申し込みに挑戦

自動契約機と言うのがキャッシングサービス、業者においてとても有効的でした。

実際、今でもそうであり、最初に設置された無人貸付機はまさに業界において画期的な機械となりました。

その後、他の業者もどんどん導入して、今では無人で貸付をしてくれる店舗が物凄く沢山あります。自動契約機ですから、まだ借りたことがない人でもよいわけです。

新しく契約ができるようになっています。但し、無人や自動といっても人とやり取りをしないわけではないです。大抵の場合、備え付けの電話がコールセンターなりと繋がっており、そこでやり取りをすることになります。身分証の提出はありますし、職場の在籍確認などをされることになります。

これはキャッシングであろうと何であろうと融資の契約の場合は確実にやることになります。

むしろ、それでもかなりスピーディーになっています。それこそ、早いところでは30分以内に新規の貸付をしてくれるます。それほどまでに早くできるようになったわけです。

愛車の「タント」で悩む今日この頃

息子誕生とともに「タント」のシャンパンゴールドを買いました。私にとっては、小回りがよく効くし、運転しやすいし、本当に文句なしの車です。

息子を何度もドライブで寝かしつけてきました。燃費もいいし、車内の天井も高いので狭く感じないし、本当にいい車です。

そして、息子同様、7歳になりました。大きな事故はないものの、下の子もいるので、実家帰省など荷物がたくさんあるときは、最小限の手荷物にしています。

最近、主人が、そろそろ大きな車に変えることを提案してきました。その瞬間、一気に寂しくなってしまいました。

確かに、4人家族なので大きい車は心地がいいかもしれません。でも、愛着のあるタントを手放すことが悲しいのです。

思い出もタントと作ってきました。

主人も急いでいるわけでもないと言ってくれたので、乗り換えは少し検討してもらうことに決めました。