キャッシング先として専業主婦が消費者金融を利用出来ない

キャッシングの申込み先は、改正貸金業法が完全施行される前まで専業主婦にとっても消費者金融が一番の選択肢でした。しかし、総量規制が導入されて以降、本人に収入が無い専業主婦は消費者金融からの借入が事実上出来ない状態となっています。総量規制には例外規定として、配偶者貸付という制度があります。配偶者の収入と合算した金額で審査を受けることが出来る制度ですが、配偶者の信用情報照会が必要となるので、配偶者による同意書の提出と夫婦関係の証明が必要となり、ハードルが高いことは確かです。更に制度としては認められているものの、消費者金融としても配偶者貸付の運用を事実上行なっていない会社も少なくありません。

専業主婦がカードローンの申込みを行なう際には、銀行法という別の法律により融資を行なう銀行カードローンが現実的な選択肢です。他にも信用金庫法による融資を実施している信用金庫のカードローンであっても、総量規制対象外となるので、配偶者の同意書を提出する必要なく借入が可能となっています。銀行カードローンや信用金庫のカードローンは、金利設定が消費者金融よりも低い金融機関が多いので、借入額が大きくなっても多重債務者となる可能性が低いと考えられています。