消費者金融の申し込みで気をつけるポイント解説

消費者金融というのは貸金業者になります。そんなことは当たり前ではないか、と思うかもしれませんが実は銀行などは貸金業というわけではないです。

このあたりが微妙に難しくしています。消費者金融で申し込む場合、総量規制という規制が課せられるようになりました。銀行は対象外です。これは年収の三分の一以上の貸付を禁止する規制であり、消費者金融の審査のときに大きく影響するようになりました。

言い方を変えますと年収の三分の一、ということはそもそも収入がない人には貸せない、となってしまったからです。この点が消費者金融業界に激震を与えた理由になっています。但し、そこまで心配することはなく、パートでもよいですから収入が借りることができる可能性は高いです。

消費者金融というのは、貸すことがまずは大きな仕事であるわけですから、意外としっかりと収入があれば申し込み出来るのです。

審査をしてもらう時にこちらからも情報を提供するわけですが、このときにはしっかりと本当のことを申告しましょう。