無利息期間が付いているカードローンは利用規約に注意しましょう

カードローンの中には、キャンペーンとして無利息期間を設けている貸金業者があります。消費者金融から始まったキャンペーンですが、新生銀行のレイクのように銀行カードローンへ切り替わった後に積極的な施策として無利息期間を設けている貸金業者も出ています。無利息期間を設けることは、広告効果が高いと考えられているのですが、利用規約をよく確認しなければ、落とし穴が無いとも限りません。

初回申し込み時限定で無利息期間を設ける貸金業者が多いものの、同じ30日の無利息期間であっても起算日が異なるので注意が必要です。審査に通過した翌日から30日間無利息としている貸金業者がある一方で、実際に借入を行った日から30日間としている貸金業者もあり、いつ借入を行いたいかによって金利が同じでも利息に差が出ます。

また、レイクのように無利息キャンペーンを選択式としているケースもあるので、借入を行いたい金額と返済期間から支払う総利息が最も少ない借入先を選ぶ必要があるでしょう。レイクでは、30日間の無利息か借入額のうち5万円の範囲内についてのみ180日間の無利息としているキャンペーンを行っており、金額や期間は変更の可能性があるものの、無利息期間を選べる選択肢を提供したことは画期的です。